トレーニング室利用案内

トレーニング室利用案内

利用案内

トレ−ニング室を利用する際の流れ(泉総合運動場の場合)

※利用者証は、各施設で開催されているトレーニング講習会を受講していただかないと、発行できません。

■トレーニング講習会は予約制になっております。年間予定表(泉総合分)でご都合のよろしい日にちを予約(電話予約)し受講ください。

 

【平成29年度4月〜9月予定表はこちらから】

【平成29年度10月〜3月予定表はこちらから】

 

利用時間(トレ−ニング室)

  • 泉総合運動場・仙台市体育館・若林体育館・青葉体育館・新田東総合運動場 → 9:00〜21:00
  • 根白石温水プール→10:00〜20:00(最終受付19:00)・中田温水プール→月〜金曜日10:00〜22:00 土日10:00〜20:00

※トレーニング前後に他の施設を使用する際は別途使用料をお支払い頂きますのでご注意ください。
※施設により使用方法・マシンの仕組みは異なりますので、使い方に不安のある方は職員にご相談ください。

利用料金

  • 一般    → 240円/回(青葉体育館・新田東総合運動場:360円/回)
  • 中学生 → 120円/回(青葉体育館:新田東総合運動場:180円/回)
【回数券】

各窓口にて販売。1回分お得です!

  • 一般 → 2,400円(11枚綴り)
    ※青葉体育館・新田東総合運動場トレーニング室は3,600円
  • 中学生 → 1,200円(11枚綴り)
    ※青葉体育館・新田東総合運動場トレーニング室は1,800円
【トワイライトパス】

全施設共通・購入日より1ヶ月利用可能 17:00以降使用可能。週2回程度の利用でお得になります。

  • 義務教育を終了された方 → 1種 《プール・トレーニング室・軽運動場用》 3,400円
  • 義務教育を終了された方 → 2種 《トレーニング室・軽運動場用》 1,900円

利用不可日

  • 月1回の保守点検日(各施設異なる)
  • 年末年始休館(12/28〜1/4)
  • その他 → 臨時の休館・行事等による利用不可日

※場内掲示板・各施設の行事予定表・スポーツ振興事業団HPで確認できます。

利用上の注意

以下に違反した場合、利用を制限する場合がございます。

  • 体調管理、トレーニング内容は自己管理してください。
  • 運動着を着用し、室内用シューズとタオルを持参し、器具利用後は汗等を拭き取るようお願いします。
  • 安全については自己の他、周囲や器具にも十分に注意し、自己管理してください。
  • 貴重品の管理は各自の責任で行って下さい。盗難等につきましては、責任を負いかねます。
    ※コインロッカーあり。使用後、お金は返却されます
  • 利用した器具は元の場所に必ず戻して下さい。また、器具をトレーニング室外に持ち出さないでください。
  • 食べ物(補助食品除く)・アルコール飲料は持ち込まないでください(飲酒されている方の入場はお断りいたします)。
  • トレーニング室利用講習会時もご利用できますが、器具の使用等につきましては受講者優先でご協力ください。

※職員の指示に従い、ルール&マナーを守ってご利用ください。

【健康管理・体調管理について】

健康管理・体調管理は自己管理が基本となります。ご自分の責任の元にトレーニングを行ってください。健康に不安のある方は、医師・スポーツドクターなどに相談するなど不安を解消してからトレーニングを行いましょう。

トレーニングの流れ

体調チェック 血圧・体重・体脂肪を測定して比較してみましょう。
(機械で正確な値を把握しましょう。)
ウォーミングアップ 筋肉を十分にリラックスさせ、怪我を予防しましょう。体の柔軟性向上にも役立ちます。
トレーニング 【有酸素運動】
エアロバイクやラボード等酸素を取り込みながら行う運動
(心肺機能を強化し全身持久力を高めます。体脂肪減少にも効果的。)
【筋力トレーニング
マシントレーニング、フリーウエイト等の筋肉補強運動
(加齢、運動不足による筋力の低下を防ぎます。基礎代謝の向上、骨密度の向上にも効果があります。また、パワーアップを目指す方にもお勧めです。)
クーリングダウン ストレッチや体操、軽いランニング等。疲労の回復の促進、筋肉痛の軽減に役立ちます。
(使った筋肉を伸ばす事で血行を促進し、疲労の回復を早めます。)

ストレッチについて

ストレッチの効果

ストレッチングの効果で代表的なのは、筋や関節の柔軟性の維持と向上による

  1. 障害の予防
  2. 関節可動域の拡大
  3. 疲労回復の促進

ストレッチによって筋に柔軟性を与えることは、血行をよくし、疲労を回復させることにつながります。

目的に応じたストレッチ

スポーツの各場面をはじめ、ウォーミングアップやクールダウンに適した方法は異なりますが、いずれの場合もストレッチ部位を明確にすることが大切です。一般的にはウォーミングアップでは動的ストレッチを、クールダウンでは静的ストレッチを行うことが良いとされています。

ストレッチの主観

気持ちよくストレッチできているという感じを体で得られることが大切です。

持久的トレーニング(有酸素運動)について

内容 体の中に酸素を取り入れて、脂肪をエネルギー源として使う運動。
効果 心肺機能を鍛え減量や健康増進に効果的。
方法 エアロバイク・ラボード(ウォーキングマシン)
運動時間 適度な強度で、20分以上。
※20分過ぎから脂肪をエネルギーとして使い始める。
頻度 週3回以上行うと効果的。
※週1回の運動では疲れるだけです。運動の効果は、3日ほどでなくなってしまいます。週2回で辛うじて前回の効果が残る程度です。週3回程度運動するとかなりの効果が期待できると思います。できれば週1回の休み対して残りの日は運動ができる位の余裕を持てると理想的です

筋力トレーニング(無酸素運動)について

内容 短い時間に強い負荷を筋肉に与える運動。
効果 競技力向上や減量。※筋肉の量が増えれば、使われる脂肪の量も増す。
方法 フリートレーニング・マシントレーニング・ダンベル
頻度 週2・3回。
※筋肉の回復力に合わせるように個人で決める。
運動強度、回数 効果的な強度は目的によって異なる。大きな筋肉は3セット以上、小さな筋肉は6セット以上行なうと効果的だとされています

トレーニングについての相談

トレーニングに関する相談、個人の体力・目的に合わせたプログラムの作成

  • 受付方法 → 事前に窓口・TELにて相談日をお問い合わせください(予約制)

※器具の使用方法を忘れてしまった等の質問は気軽に職員までお問い合わせください。
※スタッフはトレーニング室へは常駐しておりませんので、事務室までお声掛けください。

トレーニングメニューダウンロード

ダイエット編筋力向上編運動不足解消編持久力向上編

トレーニングマシン&主働筋

マシン名 写真番号 主に鍛えられる筋肉(強化部位)
バタフライマシン

SERローイングマシン
1 大胸筋(胸の筋肉)
広背筋(背中の筋肉)
SERラットプルダウンマシン 2 広背筋(背中の筋肉)
SERプレスマシン 3 大胸筋(胸の筋肉)
レッグレイズ&シットアップ 4 腸腰筋(股関節周囲の筋肉)
腹直筋(腹部の筋肉)
レッグエクステンション&レッグカール 5 大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)
ハムストリングス(太ももの後ろの筋肉)
バッグエクステンション 6  脊柱起立筋(背中の下の方の筋肉)

トレーニング室にはこのようなマシンが設置してあります。このマシンを上手く使い、健康的な身体をつくりましょう。

☆スタック式マシン

■バタフライ& 

 SERローイングマシン           ■SERラットプルダウンマシン      ■SERプレスマシン

    

【強化部位】大胸筋・広背筋         【強化部位】広背筋             【強化部位】大胸筋

 

■レッグレイズ&シットアップ        ■レッグエクステンション         ■レッグカール

    

【強化部位】腸腰筋・腹直筋        【強化部位】大腿四頭筋           【強化部位】ハムストリング

 

■バックエクステンション

【強化部位】脊柱起立筋

 

 

他にも、エアロバイク・ランニングマシン・フリーウェイトの設備が充実しております。

エアロバイク(4台)

ランニングマシン(4台)

※混雑時は一人30分程度の利用

ストレッチエリア

各種マッサージ機器
(バレルローラー・ベルトバイブレーター)

自重運動用マシン(ディッピングバー)

ツイストマシン

メディシン

ケーブルクロスマシン

スクワット

ベンチプレス

フリーウェイト用プレート

アームカールベンチ

各種ダンベル:1.0kg〜14.0kg
各種プレート:1.25kg〜20.0kg

各種バーベル
※重さ固定
7.5kg 12.5kg 15.0kg 20.0kg 25.0kg 30.0kg 35.0kg 40.0kg 45.0kg

 

 


ページの先頭へ戻る

Copyright(C)Izumi Athletics field .All Rights Reserved.