トップに戻る

お知らせ

PDFをご覧頂くにはAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方リンク先のサイトからダウンロードしてご覧下さい。

スケートボード・ボルダリング

スケートボードパーク ご利用案内

スケートボードパーク

  • 利用時間 9時00分から21時00分
  • 休館日 年末年始と月1回程度の保守点検日。その他、臨時で整備を行う場合があります。
  • 使用料 1回につき、一般200円、小中学生100円。
  • 利用可能種目 スケートボード、BMX、インラインスケート等。
  • 受付場所 スケートボードパーク小屋

 

初めて利用するかたは、、、

  • 体育館事務室にて「スケートボード利用者登録」をお願いいたします。
  • 「利用者カード」「利用券」必要なかたは「レンタルチケット」を、パークにいるスタッフへ提示・提出し、ご利用ください。
  • 「スケートボード利用者カード」は、有効期限はありません。紛失してしまった場合は、再発行もできますので、体育館窓口へお声掛けください。

 

スケートボードフラットパーク ご利用案内 ※6月17日オープンしました!

  • 利用時間 4月〜9月 ⇒ 9時00分〜17時00分

      10月〜3月 ⇒ 9時00分〜16時00分

  • 休館日 年末年始と月1回程度の保守点検日。

    その他、臨時で整備を行う場合があります。

  • 使用料 無料(※レンタル品は有料)
  • 利用可能種目 スケートボード、ローラースケート、

        インラインスケート、ブレイブボード

  • 受付場所 体育館事務室

初めて利用するかたは、、、

  • 体育館事務室にて「スケートボード利用者登録」をお願いいたします。
  • 「利用者カード」を体育館事務室へ提示し、お渡しする「赤のリストバンド」を手首に着用してください。必要な方は「レンタルチケット」もご提示ください。
  • 「スケートボード利用者カード」は、有効期限はございません。失くしてしまった場合は、再発行もできますので、体育館窓口へお声掛けください。

 

共通注意事項

  1. 小学生以下の方が利用する場合は、16歳以上の方の同伴が必要です。
  2. 中学生が18時以降に利用する場合は、保護者等の同意が必要です。
  3. 滑走する際は、ヘルメットの着用が必要です。
  4. 雨天等により滑走面がわずかでも濡れている場合は、利用できません。
  5. ヘルメット、スケートボードを有料で貸し出しますが、数に限りがありますので、できるだけ持参してください。
  6. スケートボードパーク内でのケガや事故は、原則自己責任となります。ケガや事故に対応する保険に加入することをお薦めします。
    ケガや事故があった場合は、施設職員までご連絡ください。
  7. スケートボードパーク内での飲食・喫煙は、指定の場所でお願いします。

ボルダリング室 専用利用案内

ボルダリング室を専用使用(貸切)するに当たって、いくつかの条件がございます。

3名以上でのご利用となります。うち少なくとも2名は、

 高校生以上のかたでなければなりません。

 尚、少なくとも1名はボルダリング経験者、もしくは

 当施設のボルダリング体験会参加者でなければなりません。

 (※体験会について、詳しくはコチラ!

専用シューズ、滑り止め等必要な物は利用者のかたが用意してください。

●以下に記載した(注意事項)を守れることを約束できるかた。

 ↓

注意事項

ボルダリングでは、体がロープで確保されていないので、墜落するとすべてがグランドフォール(地上への墜落)です。墜落場所や体勢には十分注意しましょう。

また、マットの上に落ちても足をひねってネンザしたり、マットとマットのつなぎ目に落ちて、脱きゅうや骨折をした例がありますので気をつけてください。

  1. 1ヵ所のウォール(壁)には1人ずつ登ってください。
    優先権は最初に登り出したクライマー(登る人)にあります。マナー良く順にトライしてください。
  2. マットを過信せず、下を見ながら出来るだけ良い姿勢で飛び降りてください。
    マットの端部に位置する場合は特に注意してください。
  3. 登る人以外はウォール(壁)の近くを避けて待機してください。飛び降りる人と交差して危険です。
  4. 落ちるかもしれない場所に人がいると分かったら、声を掛けて避難してもらってください。
  5. 墜落するとダメージがあるような危険な体勢で登っているクライマー(登る人)には、出来る限りスポット(補助)をしてあげてください。
  6. 飛び降りるときは、出来る限り全身のバネを使用して柔らかく着地してください。
    急激なショックを得るような体勢で何度も降りると、腰や脚を悪くしていくことになります。
  7. 時折職員が巡回しますので、その指示に従ってください。                           

    ページの先頭に戻る


 

Copyright (C) GENKI FIELD SENDAI All Rights Reserved.