酷寒を克服し稽古に励む

| コメント(0) | トラックバック(0)
 平成24年1月7日・8日の二日間、泉体育館・武道館・弓道場にて、『宮城県公立武道館協議会 一万人寒稽古』が開催されました。

 寒稽古とは、古来より伝統として伝わる武道の修練で、技術の向上とともに、酷寒に耐えながら稽古をやり遂げることで、『精神の鍛錬をする』という目的にも重きをおかれて行われるものであります。

 当日は、吐く息も白く見えるほどの冷え込みの中、未就学のお子さんから、還暦を過ぎられた方まで約350名が、新年の稽古始めにふさわしい厳粛な雰囲気の中、各々稽古に励みました。

【合同開会式:代表師範挨拶 泉区弓道協会 会長 竹内 正邦 師範】
takeuchishihann-aisatu.JPG
【弓道師範による模範演武『一つ的射礼』】
演武者は
      一の立:渡辺 博保 教士六段
      二の立:池沢 幹彦 教士六段
      三の立:竹内 正邦 教士七段
ennbu1.JPG
ennbu2.JPG
【稽古風景:剣道①】
kendou1.JPG
【稽古風景:剣道②ちびっこ剣士】
kendou2.JPG
【稽古風景:柔道】
jyuudou.JPG
【稽古風景:なぎなた】
naginata.JPG
【稽古風景:弓道】
kyuudou.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.spf-sendai.jp/mt/mt-tb.cgi/1023

コメントする